2014年08月

【悲報】 24時間テレビの障害者ドミノが色々と酷いと話題にwwwwwwwwwwww

1: ストマッククロー(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 15:48:53.56 ID:wQm4oNIv0.net BE:561182118-2BP(2000)
sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
24時間テレビ 県内も熱く
http://www.yomiuri.co.jp/local/nagano/news/20140830-OYTNT50109.html

画像
no title



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1409467733/

続きを読む

【社会】日弁連が「死刑執行」抗議声明を発表…「世界140カ国で廃止、停止されている」「死刑廃止は国際的な趨勢」

1: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/08/30(土) 14:55:23.88 ID:???0.net
 東京拘置所と仙台拘置支所で8月29日、死刑囚2人の死刑が執行された。死刑執行を受けて、日本弁護士連合会は同日、死刑執行に
抗議し、執行の停止を求める村越進会長の声明文を発表した。

 報道によると、2012年12月の第2次安倍政権の発足に伴い、谷垣禎一法務大臣が就任して以来、死刑執行は6回目。計11人の死刑が
執行された。今回執行されたのは、2001年に青森県弘前市で「武富士」の支店を放火し、従業員5人を殺害した罪などで死刑が確定した
小林光弘死刑囚(56)と、2001年から2005年にかけて、暴力団組長ら3人を殺害した罪などで死刑が確定した高見澤勤死刑囚(59)の2人。

 声明文などによると、今回、仙台拘置支所で執行された小林死刑囚については、今月、第3次再審請求が棄却され、近日中に第4次
再審請求に向けた準備が進められていたという。声明文ではこの段階での執行について、「極めて遺憾」「強く抗議する」としている。

 また、今年3月、静岡地裁が袴田巌氏の第2次再審請求事件について、再審を開始して、死刑執行を停止する決定をしたことに触れ、
「もし死刑の執行がなされていたならば、まさに取り返しのつかない事態となっていた」「えん罪の恐ろしさはもちろんのこと、死刑制度の
問題点がいっそう明らかになっていた」としている。

 世界で死刑を廃止、停止している国は140カ国にのぼっており、「死刑廃止は国際的な趨勢」としている。

(以下略。声明全文はソース元でご確認ください)

ソース(弁護士ドットコム) http://www.bengo4.com/topics/1983/
写真=日弁連の村越進会長(7月23日撮影)
no title



転載元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1409378123/

続きを読む

【政治】竹中平蔵氏「消費税増税を食い止めるのは難しい」「増税中止の政治判断の可能性、安倍政権ではない」

1: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/08/30(土) 12:34:54.78 ID:???0.net
 4月の消費増税による影響は、想定より大きくて深刻だった。5月の家計消費を見ると、
マイナス7%という大きな落ち込みとなっている。その結果、第2四半期(4~6月期)の国内総生産(GDP)は実質でマイナス6.8%(年率換算)になった。
東日本大震災のときに匹敵する落ち込み
 この家計調査「マイナス7%」というのは、過去33年間で2番目に悪い数字である。最も悪かったのは、東日本大震災後の2011年5月だった。
 つまり、消費増税による個人消費への影響は、東日本大震災に匹敵するほど深刻なものになってしまったということだ。
 では、どうしてここまで消費が低迷したのだろうか。経済財政白書も含め、
一般に経済成長率の推移は「山高ければ谷深し」というのが政府の解釈となっている。
 消費増税直前の3月は駆け込み需要により消費の「山」が非常に高くなった。
4月以降はその反動で「谷」が深くなり、消費が停滞したというわけである。それでも「想定の範囲内」というのが政府の見解だ。
 しかし、今回の「山」が非常に高かったという解釈には疑問が残る。1997年4月の消費増税のときと比べて、
駆け込み需要がとくに多かったという事実はないからだ。「山」はあまり変わらないのに、今回は「谷」だけが深くなっているのはおかしい。

 これにはいくつかの要因が考えられるが、ここでは消費増税のやり方に問題があったということだけ指摘しておきたい。

 89年4月の消費税導入(3%)や、97年の消費増税(5%)のときは、事前に減税措置が講じられていたのに対し、
今回はそうした減税措置がなかった。それどころか、社会保険料の引き上げなども重なったため、トータルとして国民の負担はかなり重くなってしまった。
 デフレマインドが完全には払拭されていない状況で、デフレマインドへの配慮が十分にはなされないままに
消費増税が行われてしまった。そこに大きな問題があると言える。
 結果的に、今回の消費増税は短期的に見て、アベノミクスの最大の妨害要因となってしまっている。
さらに厳しい言い方をすれば、民主党政権が巧妙に埋め込んだ“自動発火装置”と見なすこともできるだろう。
 この自動発火装置が4月に作動し、このままいけば来年10月に再び作動する。日本の家計や銀行、
企業のバランスシートがそれほど痛んでいないので金融危機のような事態になることは考えにくいが、
自動発火装置が2度も作動すれば、消費が相当落ち込んでいくことは間違いない

それでは、今後どうしていけばいいのだろうか。デフレ克服と経済成長を最優先に掲げるアベノミクスの立場からすれば、
来年10月に消費税率を10%に引き上げるのは本当はやりたくないのが正直なところだろう。
 しかし、現実に消費税率引き上げをやらずに済む選択肢はあるかと言えば、それを見つけるのはかなり難しい。
今のままいけば消費税率引き上げは“自動的”に行われることになる。
 もし、消費税率引き上げを食い止めたければ、新たな法律を作って成立させる必要がある。そのためには、
集団的自衛権行使容認と同じくらいの政治的資本(ポリティカル・キャピタル)を消耗させることになるだろう。
 そうした政治判断の可能性を安倍政権が持っているかといえば、「ない」というのが私の見方だ。結局、
巧妙に埋め込まれた自動発火装置は、スケジュール通りに作動していくことになる。
 現実的な話としては、来年10月の消費税率引き上げを踏まえたうえで、経済シナリオを考えていくしかない。

3つのシナリオのうち最悪なのはどれか
第1のシナリオは、最もあり得るシナリオだが、最も良くないシナリオである。
消費税率を引き上げ、その悪影響を打ち消すため、かなり大きな補正予算が組まれるという展開だ。
現に、霞が関全体がすでに補正予算ありきで動き始めている。
第2のシナリオは、消費税率引き上げと同時に、思い切った経済改革を断行するというものだ。
経済改革によって長期の期待成長率が高まれば、消費の落ち込みをある程度少なくすることができる。
このシナリオは比較的望ましい展開だが、経済改革の成果が出るまでに時間がかかるので、短期的なショックはやはり免れない。

 そこで出てくるのが第3のシナリオだ。日本銀行がもう一段の金融緩和を実施するというものである。
若干の金融緩和によって、消費税率引き上げによる短期的なショックを相殺していく。
3つのシナリオのうち、最も可能性が高いのは第1のシナリオだが、この選択は何としても避けなければならない


http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20140828/413135/
消費増税の反動減は予想以上に深刻、今後の3つのシナリオを考える

no title



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1409369694/

続きを読む

【ヤバい】エボラ出血熱感染疑いで日本人男性2人を隔離 モルドバ、イスタンブール経由

1: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/08/29(金) 23:01:00.03 ID:???0.net
感染疑いで2邦人隔離 モルドバ、イスタンブール経由

 旧ソ連圏モルドバの首都キシニョフで29日、
日本人男性2人がエボラ熱感染の可能性を調べるため病院に隔離された。
同国の国境警備当局が共同通信に明らかにした。

 2人は同日朝、日本からイスタンブールを経由して到着。
入国の際、高熱があることが感知器で分かった。

 2人は数週間前に南アフリカに出張した後に体調を崩し、
日本で検査を受けたが感染は確認されなかったと話しているという。
南アフリカではエボラ熱の感染は確認されていない。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/life/news/140829/bdy14082921160003-n1.htm

no title




引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1409320860/

続きを読む

【落書き】そのうち仕事がなくなりそうな江角マキコ

1: 北村ゆきひろ ★@\(^o^)/ 2014/08/28(木) 21:13:44.93 ID:???0.net
女優の江角マキコが2年前の12月、当時にマネージャーに指示し、国民的英雄・長嶋茂雄さんの
長男でタレントの長嶋一茂の自宅に落書きさせていたことを発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じている。

 先ごろ、自身のブログで4年ほど前に長女が通う有名私立小学校における“ママ友いじめ”を受けたことを
告白したものの、複数の保護者が女性誌に抗議文を寄せるなどひと悶着あったが、同誌によると“落書き事件”は
江角が告白した“ママ友いじめ”がきっかけ。

 江角と一茂の妻は、子どもを同校付属の幼稚園に通わせていた頃からの付き合いで、当初は良好な関係だったというが
4年ほど前に悪化し、一茂の妻のグループと激しく対立。

 そして、一茂家族がハワイ旅行で不在だった12年の12月30日、都内の一茂宅の壁やガレージに「バカ息子」
などと幼稚な落書きスプレーで噴き付けられていたというのだ。

 防犯カメラがあったものの、映像が不鮮明で犯人は逮捕されなかったが、今年3月に江角が所属していた
大手芸能プロ「研音」から独立後、落書きの“実行犯”だったマネージャーが周囲に「スプレー代」として10万円もらい
落書きしたことを告白。

 同誌の取材に対し、「誠意を持って謝ります」などと事実を認めたが、江角を直撃するとまったく答えなかったというのだ。

 「マネージャーの“犯行”は器物損壊罪もしくは建造物損壊罪で、江角はその教唆にあたるが
すっかりマネージャーに罪をかぶせてしまいイメージダウンは必至。

今は独立前にとった仕事で食いつないでいるが、もともと歯に衣着せぬ物言いで“敵”も多い」(テレビ関係者)

 江角に“懺悔”の気持ちがあるなら、お得意のブログででも謝った方が良さそうだ。

no title

http://npn.co.jp/article/detail/64771915/



転載元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1409228024/

続きを読む
PR
PR
記事検索
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ